海峡横断泳サポート・佐渡専用ページ

海峡横断menu

佐渡海峡横断泳サポート

水深800mの佐渡海峡を泳いで渡る壮大なコース。途中見える景色は海だけ!

大海原を泳いで渡る雰囲気が味わえるダイナミックな横断泳。
距離は長く完泳までは時間もかかりますが、比較的潮の流れは穏やかでスタート地点からゴール地点へほぼ直線的に泳ぐことができる場合が多い。リレー形式でみんなでつなぐと達成感はひとしお。津軽海峡などのハードな海を目指すチームにとって登竜門的な海峡です。

実施について
時期 6月度のみ(現在1年に1〜2回の実施)
日程に関しては船の都合により決定(約4ヶ月前)します。
※年に1度、オーシャンナビ主催のメンバー募集型の佐渡海峡横断泳も実施しています。
場所 佐渡赤泊港から新潟寺泊港までの約42km
実施方法 制限時間の関係でリレーでの実施が望ましい(6名以上)
佐渡赤泊を‪午前2時‬にスタート、タイムリミットは午後5‪時となります。‬ ‬‬
料金 2017年度はオーシャンナビでチーム員を募集してイベントとして企画予定
ウェットスーツ 着用推奨
お問い合わせ

channelswim@ocean-navi.com

横断泳当日のスケジュール
15:00 寺泊入り
※宿泊についてはご相談ください。
17:00 寺泊港にて船長挨拶・顔合わせ
23:30 ‬港集合・荷物搬入
0:00 ‬出航
※すぐに仮眠
2:00 赤泊港より横断泳スタート
17:00 寺泊港へ帰港(タイムリミットは17:00となります) ‬

サポート船の特徴

・船が大きいので多人数リレー形式で泳ぐことが可能
・船内には2つの部屋があり仮眠ができ、着替えなども可能
・水洗トイレ完備(男女別)
・電源あり

スタートについて

赤泊港にある防波堤前に船が到着すると船は防波堤から約20~30mの場所に待機してサーチライトで防波堤を照らしています。その中を第一泳者は泳いで行きタッチをしてスタートとなります。夜の海を泳ぐため恐怖心が伴う場合があり、慣れない場合、過呼吸になる場合がありますのでチームの中で一番泳力があり、水泳経験が豊富な方が泳ぐことをお勧めします。(YouTubeに映像がありますのでご参考になさってください)

ゴールについて

新潟県寺泊港の一角にある泳者が全員でゴールできる場所に到着します。
YouTubeに映像がありますのでご参考になさってください)

リレー時の交代について(YouTubeに映像がありますのでご参考になさってください)
船にはハシゴが用意されています。

泳者のリレー引き継ぎ方法
①次のハシゴをゆっくりとおりる

②腰ぐらいまで海に浸かった状態で待機

③交代の合図でスライディングするように船に対して沖側に蹴りだします。

④前の泳者を沖側から抜かし交代となります。(タッチをしても構いません)

必要な泳力

リレーの場合10分で500m以上は泳ぐ泳力が最低限必要です。そのペースで順調に進めば計算上では14時間で到達できますがいままでのデータから波や流れを考慮するとそれでもタイムリミットギリギリになるかと思います。

主なサポート内容

1.各関係機関への申請代行や関係各所への事前連絡、経過報告。

2.経験豊富な現地ボート1隻の手配

3.安全に泳ぐための船の装備、またAEDや他船に遠泳を知らせる大型のバナー、シャークシールド(サメ避け)等の備品完備しています。

4.豊富な海の経験と安全知識を兼ね備えたオブザーバー1名ないし2名(オーシャンナビスタッフ)が必ず乗船します。

※オーシャンナビスタッフはあくまでもオブザーバーとしての乗船となりますので船の上から泳者に対して補給などを行う役割は一切行いません。補給や撮影など行うためのサポーターは泳者ご自身で手配をお願いいたします。

佐渡海峡の見本映像