プルブイキック & ビート板プル

こんにちは、さくです。

今日は啓蟄(けいちつ)だそうです。大地があたたくなり、地中で眠っていた生き物たち が穴から顔を出してくる頃。 たしかに、だいぶ暖かくなってきたような気がしますね。みなさんのヤル気も、グングン顔を出していきましょう!

今日の新代田では「プルはビート板を挟んで」「キックはプルブイを挟んで」泳ぎました。
いつもと使う道具が逆なので、「え?」と困惑した人も多かったようです。
プルでは、プルブイの代わりにビート板を挟む。キックでは、プルブイを挟んでキックする「プルブイキック」。これを繰り返して泳ぎます。
やってみて分かったと思いますが、これはどちらも、内ももがかなり刺激されます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
何気なく泳いでいるときっていうのは、足の外側の筋肉を主に使っていることが多い。でもそこを、内ももの筋肉もバランス良く使えるようになると、ムチのようにしなったキックが打てるようになります。
そして下半身のポジションも高い位置にキープできるようになり、いい姿勢が保てます。
正直、内ももまで意識して泳ぐというのは、かなり細かいポイントだと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも、今は休刊となってしまった水泳雑誌『月刊SWIM』で、櫻井がドリルの連載をしていた頃、もっとも反響があったドリルの1つが、このプルブイキックでした。ももの内側の筋肉を使って、しなるようなキックを打つ感覚を感じてもらえたでしょうか?
慣れない感覚なので少しやりづらかったかもしれませんが、また近いうちにやりましょう。

今日の新代田のtotal距離は、
1コース:4700m
2コース:4250m
3コース:4050m
4コース:3750m
でした。

今日は、夜にもレッツスイムがあります。20:00スタートの『レッツスイム大船』。フォーム練習+しっかり泳げるメニューになってますので、ぜひご参加ください!担当は 坂本陸先生です。

明日も朝スイムは3ヶ所で開催です。レッツスイム新代田の担当は、1~4コースが康子先 生、5コースが加藤先生。レッツスイム品川の担当は平田先生。そして、レッツスイム三鷹は阿弥先生が担当です。
明日も楽しく泳ぎましょう!

ほなまた。