代々木マラソンスイミングはフォーミングと持久系インターバルの2本立てで実施中!

なんだかとても涼しい体育の日の朝。

今朝、守谷は国立代々木競技場インドア50mプールで月・水・木・金・土と週5回、7:00〜8:30で開催中の「代々木マラソンスイミング」を担当。今朝も20名ほどの方々にご参加いただきなんだかとっても活気がありました!

国立代々木競技場の原宿口。守谷はいつもこちらから出入りしています!

国立代々木競技場の原宿口。守谷はいつもこちらから出入りしています!

今朝の基本コースは体の動きにストロークを合わせることを意識して泳ぎました。例えるならばバットやラケットを振る時を想像してみてください。胴体がまず回転を始めて後から腕のついてきますよね?それによってインパクトのときに力が発揮されます。クロールもそれに近いものがあると思います。どうしてもフォームを意識し過ぎると体の動きを考えずにどうしても腕だけの動作で泳いでしまいがち。これを例えるならば体を動かさずに腕だけでバットやラケットを振っているのと同じ。当たったボールにしっかりと力が伝わらずあまり飛ばないのが想像できますね。クロールも体(胴体)の動きを基本に考えて腕は体の動きについてくるようなイメージで泳ぐとストローク動作自体が柔らかいなり、体幹でつくった力を自然に腕へ伝えることができ結果としてしっかりと水を掻くことができるんです。これを今朝は2種類のドリルで感じを掴んでもらってからフォーミングに入ると今朝参加された皆さん自然で柔らかいフォームで泳げるようになっていましたよ。

このポイントを例えるならば「でんでん太鼓」みたいなイメージです。

このポイントを例えるならば「でんでん太鼓」みたいなイメージです。

そしてもう一つのコースはインターバルトレーニングコース

今朝は100m×20本(2’)+50m×40本(1’)でした。

これを気軽にできる方はけっこうな泳力の持ち主ですよね。そんな泳力があったらいいなぁと思う方も多いと思います。でもこのようなトレーニングだできる方にとっての悩みもあるんですよね!それはこんな練習やりたくてもやる場所がない。普通のスポーツクラブなんかでこんな練習一人でやっていると、なんだか迷惑がられるし、状況が読めない人が同じコースに入ってしまうと前を遮られてしまったりでなかなか思うように泳がせてもらえないんです!それがここへ来れば思う存分泳ぐことができる!しかも仕事前に!そんな場所を作りたかったんです。

メニューは全部こなさなくてもいいんです。途中から入ってもいいし、先に帰ってもいい、10本でも20本でもサクッと泳いで仕事に向かうというスタイルで参加してみてはいかがでしょうか?

では次回の「代々木マラソンスイミング」オーシャンナビ担当日は13日(木)朝7:00〜8:30、またまた担当は守谷です!

それから水曜日の「代々木マラソンスイミング」はアスロニアさんの担当日!こちらも同じ内容で実施していますのでオーシャンナビとかアスロニアとか関係なくぜひご参加下さい!

【今月のオーシャンナビ開催の代々木マラソンスイミング担当スタッフ】

オーシャンナビ10月実施日 担当スタッフ
13日(木) 守谷雅之
15日(土) 宮崎康子
17日(月) 守谷雅之
20日(木) 森岡阿弥
22日(土) 守谷雅之
24日(月) 森岡阿弥
27日(木) 森岡阿弥
29日(土) 宮崎康子
31日(月) 守谷雅之

そうそう「代々木マラソンスイミング」の受付場所で迷うことはないですか?他の団体もいるのでどこが受付なのかわかりづらいと思います。守谷が担当の日は入口の自動ドアを入って左側にいつも座って皆さんをお待ちしています!

>* ))M))><