軸と左右差を感じる

こんにちは。

活字中毒でよく本を読んでいる、佐野です。

今読んでいる小説の中で二度見した言葉があります。

それは、

「生きてるみたいに生きる」

です。

作中では、「みな、漠然と生きているため。」という説明がなされていました。

この考え方は、生き方もさることながら、トレーニングも一緒だなと思います。

ただ何の気なく練習するのではなく、「身体よりも頭がバーンアウト」するくらい、考えて考えて考えて練習に取り組むこと。

それを繰り返した先にだけ、結果が待っているのかなと思った次第です。

タイトルにもありますように、今朝のレッスンでは、「軸」と「左右差」を感じる(認識する)ためのメニューを多く取り入れました。

特に最近気に入って頻繁に取り入れてるのが、頭頂にパドルを押し当てながら泳ぐドリルです。

その1

その2

無呼吸で泳いでるとあまり感じませんが、呼吸を確保する動作時にパドルが外れ易いです。

これは、その際に中心軸から頭が離れすぎた結果に生じる結果です。

また、呼吸を我慢して泳いでいてもパドルがズレる場合があります。

それは、頭が「上がりすぎている」可能性があります。

OWSやトライアスロンのように、目標物に向かって複数人で泳ぐケースでは前方確認で頭や視線が前に向くことは多くあります。

がしかし、水泳というスポーツは「抵抗に如何に打ち勝つか」が、より速く楽に泳ぐ上でのポイントとなってきます。

そのため、頭が上がって腰が曲がり、下半身が下がるような泳ぎになっている場合は、しっかりと頭を水中に沈め(ることによって得られた浮力によって)、抵抗の少ないストリームライン姿勢で泳ぐことが望ましいです。

このドリルはその感覚を身につけるために行いました。

パドルを外した状態でも、頭にパドルがあるイメージで泳ぐことで、芯の通った泳ぎになると思います。

呼吸時に身体がブレたり、真っ直ぐ泳ぐのが難しかったり、頭が上がりすぎていると感じている方は、ぜひウォーミングアップやダウンの際に試してみてください。

きっと、泳ぎ難さを感じるかと思いますが、考えて泳ぐよりも手っ取り早く変化をつけることができます!!!

お試しを!!!

P.S. 

最後に、感覚について、また考えることについて良い言葉をSNSで発見したので、そちらで締めたいと思います。

「考える前に、感じろ。

そして、なぜそう感じたのか考えろ。」

自分に言い聞かせます。

ではでは。

注目のレッスン・イベント!
注目のレッスン・イベント!

スピードUP練習会『target』【12/15(日)】

年末泳ぎ納めプログラム!『Let‘s 50m×219本』②【12/30開催】