分解から繋げていく際の難しさ

こんにちは!

昨日と一昨日は桜も開花する天気だったので、とても過ごしやすかったですが、、、

今日はものすごく寒いですね💦

寒暖差が激しく、体への負担が増します。

なんとか、花粉症ではないみたいなので、鼻をかみすぎて頭がボーッとしたり、目をかきすぎてどうにもこうにもならないようなことは避けれてる佐野です。

イチロー選手、引退してしまいましたね。

特段、つながりはないですが、彼の本などからさまざまな言葉を受け取り、糧にしてきた身でしたので、感慨深いものがありました。

早速ですが、引退会見時に話されていたお言葉で、心に残ったものを2つ紹介させてください。

【イチロー選手のお言葉】

●人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。あくまでも、秤(はかり)は自分の中にある。

それで自分なりにはかりを使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと越えていくということを繰り返していく。

●できると思うから挑戦するのではなく、やりたいと思うから挑戦すれば良い。

まさしく、何か新しいことにチャレンジする人や目標や目的がブレそうになっている人(自分?笑)にとって、心に響く言葉だなと思いました。

僕も人と比べることなく、自身の天秤に毎日錘を加えていき、常に「現在」という一方のお皿が下がるようにしていきたいものです。

今日は5コースのフォーミングを担当しました。

総泳距離は、3,100mでした。

今朝の5コースのトレーニングの目的は、「肘を立てる」ことでした。

頭では理解しているけど、うまく体がついてこない。

やっているつもりだけど、体現できていない人が多いのではないでしょうか?

その人の感覚を100パーセント理解することは不可能だとは思いますが、少しでも分かり合うために僕自身でその人の泳ぎを真似ることが多々あります。

真似をしてみると、「あ~こんな感覚なのね、それだったらこうしてみましょう」とアドバイスができるわけです。

観察しているだけではわからないことも、実際に体を動かすとスッと入ってきます。これぞ、百見は一体現に過ぎずです(作りました)。

肘を立てる意識を養うために、事前に陸上で動きづくりをしてからドリルを行いました。

ドリルのように、分解すればうまくできる人が多いですが、いざスイム(コンビネーション)をしてみると、他の部分に気を取られてしまい、本来意識したい部分への注意が行きにくくなりますよね。

組み合わせの難しさを感じるとともに、こればかりは回数を重ねる必要があると思いました。

明日24日(日)のレッツスイムは、下記の通りです。

●レッツスイム新代田: 櫻井コーチ、佐野

●レッツスイム三鷹: 阿弥コーチ

●レッツスイム品川: 平田コーチ

夏の本格的なシーズンに少しずつ近づいている今日此の頃ですが、まだまだ間に合います!!!

イチロー選手が仰っていたように、常に自分の限界を超えて、毎日昨日の自分より成長していきましょう!

では、また明日!!!

注目のレッスン・イベント!
注目のレッスン・イベント!

10km泳ぎ込みプログラム『海DE 1km×10本』【6/23(日)】

『屋久島OWS & ウミガメ産卵観察ツアー』【7/5(金)~7(日)】

『Let’s 100m×50本』@新代田