思い通りに動かすのって難しいけど大切

こんにちは!

一昨日のブログで投稿されました、スポーツ界隈で今話題の遺伝子検査イデンシルを受けて、若干のショックと「まぁそうだろう」といった納得のいく結果両方を得られ、今後の生活とトレーニングにより効率よく役立てて行こうと目論んでいる佐野です。

大袈裟な表現かもしれませんが、自分の攻略方法を知るようなイメージで是非ともチャレンジしてみては如何でしょうか?その結果をもとに、いろいろ話せると嬉しいです!

今朝のレッツスイム新代田もちょっと緩めのトレーニング。

平泳ぎをメインに、自分の体を思い通りに動かせる(動かす)ドリルを取り入れました!

ドリル内容は至ってシンプル⭐️

右手のみ平泳ぎ

左手のみ

右足のみ平泳ぎ

左足のみ

対角(右手&左足とその逆)平泳ぎと最後に、

通常の平泳ぎの

合計7つの平泳ぎメニューをやりました。

このドリル、頭でわかっていても、もう一方の手足も動いてしまったり、真っ直ぐ行けずに曲がってしまったりと、案外難しいんです。

また、クロール泳よりも息を止めている時間も長いため、ちょっとしたハイポキシック・トレーニングにもなりますね🏊‍♂️🏊‍♀️

まず、思い通りに動かせるようになる(する)”のは、クロール泳はもちろんのこと、ほかの3種目でも、または、ほかのスポーツでも上達に欠かせないスキルですよね!

そして、片方ずつ四肢を動かして泳ぐので真っ直ぐ泳ぐことが難しいです。平泳ぎは通常左右対象・同時の泳ぎ方ですので、このドリルだとバランスも崩しやすいです。あえてそういった環境を作り出すことで、そうさせまいと、体がいつもは使っていない筋肉を駆使して、真っ直ぐ泳ごうとします。これが結果として体幹を使って泳ぐことにつながってきます。

メニュー作成時は、「平泳ぎだし、少し強度が下がってしまうな、、、」と思っていたのですが、普段はクロール泳ばかりのなので、ほかの種目での練習は結構キツかったみたいで良かったです🙆‍♂️🙆‍♀️

そんな緩めで作ったレッツスイム新代田は、

1コース: 4,100m

2コース: 3,850m

3コース: 3,600m

4コース: 3,500m

5コース: 3,300m

でした🏊‍♂️

明日10/19()は、以下の場所とコーチで開催されます💪

レッツスイム新代田: 櫻井コーチ、三村コーチ

レッツスイム町田: 北島コーチ、田村コーチ

レッツスイム三鷹: あみコーチ

レッツスイム品川: 平田コーチ

レッツスイム大船: 川戸コーチ

冒頭でも述べましたイデンシルですが、プロ野球選手や格闘家、サッカー選手、体操選手、バドミントン選手などの有名選手も検査をして、トレーニングや生活改善に役立てています。

「私なんて今さらやっても、、、」

「この結果で才能ないって出たら、、、」

「自分のことはだいたいわかってるし、、、」

と考えている方も多いと思いますが、頭でふわっと理解していることと、データ(結果)として知ることは似ているようで全く異なります。また、今やることが“1番早いので、少しでも気になる方はやってみる価値あると思います。

オーシャンナビメンバーでは、櫻井コーチと平田コーチ、私佐野が検査を受けました。このイデンシルの検査を受けて、みなさんと今後のトレーニングについてや食生活、睡眠、ストレス対策などたくさんのことを話し合えるととてもワクワクします。

何かわからない、気になるなどありましたら、いつでも聞いてください(^^)

ではまた!!!

注目のレッスン・イベント!
注目のレッスン・イベント!

スピードUP練習会『target』【12/15(日)】

年末泳ぎ納めプログラム!『Let‘s 50m×219本』②【12/30開催】