水泳も○○学習と一緒?

こんにちは!

日に日に黒くなっていく佐野です。

某SNSでは、1年前の今日何を投稿したか、数年前はどうだったかが表示されますが、8年前の今日は現役最後の日でした。”自分たちならできる”と書いていた投稿に、またワクワクしたのは言うまでもありません。スポーツに本気で打ち込むのって素敵ですよね!

と、長くなりそうなのでここまでにしておいて。

本日9月8日(火)のレッツスイム新代田(フォーミングクラス@5コース)では、”水泳“の練習をしました!

ここであえて   を使ったのは、水泳には4種目ありますが、クロールの練習がメインになっているからです。
もちろん、(オープンウォーターやトライアスロンの)本番はクロールではありますが、せっかくその他にもできることがあるので、今日は触りだけちょっぴりとクロール以外の3種目も取り入れてみました!

僕自身が現役のときに個人メドレーを専門としていたのもありますが、専門がクロール人や背泳ぎ、平泳ぎといった1種目だと、どこで息抜きしたらいいのかな?といつも不思議に思ってました。ここだけの話、(練習では)4種目もあるので、全部を全速力でやる必要もなく、背泳ぎでは息を整えて、平泳ぎでは伸びて休むといった具合に、クロールを淡々と泳いでいるだけではできないことをしていました(本当にここだけの話ですので皆さんは真似しないように!)

ここでタイトルにもありますように、英語と絡めたお話です。

僕が12歳の時、初めて海外遠征でオーストラリアに行かせてもらったのがきっかけで、英語を話すこと、話せること、英語で映画を観ることなどなど、英語を好きになりました。

そこからと言うものの、正直「好き」だけが先行してちゃんとした訓練もしないまま30歳になってしまったのですが、ここ1年は英会話や簡単な記事、ポッドキャストなどを駆使して、

スピーキング

リーディング

リスニング

グラマー

といった、英語のシャワーをほぼ毎日浴びています。

その成果が出ているかはまだわかりませんが、最近ふと思うのが、水泳も英語学習に似ているのでは?と言うことです。

どう言うことか。

それは、「1つの動きの刺激だけでは、”水泳は“上達しない」

と言うことです。

クロールが速ければそれでいいのですが、やはり速い人は概ね他の種目もある程度のレベルで泳げるのが事実。
大人から水泳を始めた方は、最短距離を行きたいとは思いますが、その気持ちをグッと抑えて、”水泳“を総合的に上達させるべく、そしてそれがクロールに繋がると信じて他の3種目(バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ)もトライしてみては如何でしょうか?

持久練習などしているときには、きっといい息抜き(しすぎないように笑)になること間違いなしです!

そんな今朝のレッツスイムは、

1コース: 4,550m

2コース: 4,200m

3コース: 3,950m

4コース: 3,700m

でした!

明日は、レッツスイム新代田のみの開催!

○上級: 守谷コーチ

○フォーミング: 櫻井コーチ

です!

まだまだ暑い日が続きますので、熱中症や過度な日焼けには十分注意しましょうね!

またね!

注目のレッスン・イベント!
注目のレッスン・イベント!

堂ヶ島スイムピクニック 【10/31(土)~11/1(日)】

スピードUP練習会『target』【9/22(祝)】