レッツランモーニング ペース走

羽根木公園の緑も濃くなってきました。早朝の緑の中の空気は澄んでいて気持ちがいいですね。

今朝のレッツランモーニングは心拍トレーニングについての第2弾。「ペース走を適切な心拍数で効率よくトレーニングで走ろう」

※ペース走…遅すぎず速すぎず、一定のスピードで最初から最後まで走り切る。

心拍計を使ているなら最大心拍数の80%前後の心拍数が目安。心拍計がなければ下のボルグスケールで14-17くらいで走り切れるスピードになります。走る距離は目標のレースの距離によって変わりますが目安は20分〜40分以内で終えるくらいの距離。フルマラソンを走る時はペース走は20k以上と言う意見もありますが、心肺機能の負担も大きいので、もともと他の競技で持久的能力があるトライアスリートやスイマーはあまり長くやらなくてもいいのではないかなと思います。
ペース走の効果はペースコントロール能力・心肺機能のアップ。スピードが上がる事によってフォームの改善・脚力の向上につながります。初心者の方はまずはジョギングやLSDで走る筋力を付けてから挑戦してみましょう。

なかなか一人やるにはキツくて苦しいトレーニングですが仲間と走ればキツさも軽減、火曜日の夜は織田フィールドの400mトラックを使ってペース走やインターバル走などの本格てな練習を毎日のように走っているけど記録が伸びないという方はぜひ参加してみて下さい。

来週6月15日(木)のレッツランモーニングは残念ながらスタッフの都合によりお休みとなります。次回のレッツランモーニングは6月22日。テーマは「ランニングに効果的なストレッチ+動きつくり」です。

大田原マラソンのエントリーが始まりました。都市型マラソンに比べて参加人数が少なくレース前もレース中もストレスなく走る事ができる大会です。制限時間4時間!今年もレッツの皆で自己への挑戦をしましょう!

注目のレッスン・イベント!
注目のレッスン・イベント!

堂ヶ島スイムピクニック 【8/17(木)~18(金)】

『湘南OWS10km攻略決起会』【8/2(水)開催】