dashとhard

スイムのメニューによく出てくる「hard」や「dash」。何が違うの?とよく聞かれます が、イメージとしてはhardよりdashの方がキツイ感じなので更にスピードをアップして頑張りましょうの意味を込めてdashを使っているのです。 very hardでもいいのかもしれないですが。ほとんど違いはありません。
敢えて分けるとすると無酸素状態でできるスピード練習をdash、それ以外の強い強度をhardですかね。


2015年も残すところ1か月を切ってしまいました。
オーシャンナビをはじめ色々なクラブで煩悩スイム○○x108本など泳ぎ納め練習会が始まってますが、陸上でも今年も恒例の走り納め練習会「1000×27本インターバル」をやりますよ。マラソンシーズン後半戦に向けて、スピード&持久力アップをしていきましょう!(平成27年なので27本です)

明日の新代田は守谷先生・平田の担当です。
6時40分からはサーキットトレーニングもありますよ。
明日は肩甲骨・股関節をほぐすトレーニングがメインです。

12月13日(日)「山手線1周ランニング」大募集中!

という事で今日の練習はいつもよりもdashでした。