レッツスイム町田でじっくりとスカーリング練習はいかが?

明日14日(木)のレッツスイム町田は全レベル北島コーチがです!
川戸コーチはプライベートレッスンを担当。そしてプライベートレッスンに2枠(永田コーチ・佐野コーチ)の空きがあるのでよかったらご利用くださいね!

【レッツスイム町田プライベートレッスン詳細】

『レッツスイム町田プライベートレッスン』
レッツスイム町田『プライベートレッスン』1コース貸し切り!レッツスイム町田 プライベートレッスン 小田急線町田駅東口改札から徒歩4分。「...

町田の木曜日は少人数!のびのびと泳げますよ!

そして気になる明日のレッツスイム町田のポイントは『スカーリング』。

「このスカーリングって泳ぎのどこに繋がるの?」

って思っている方が多いと思います。でもこのドリルをあなどってはいけません!例えばクロールのストローク。ただまっすぐ手で掻いている訳じゃないことは知ってると思うけど。。。上手なスイマーの映像をスローなどでよ〜く見てみると手のひらが、ひらひらと?微妙にというか絶妙に?あっち向いたりこっち向いたりしているのがわかると思います。これって手の平で重たい水を捉えるために自然と動かしているんだけど、これがまたなかなか。。マネしようと思っても、ワンストロークって意外と一瞬!

「この時は手のひらがこっち向き。次はこっち向き、最後はこっち向き!」

なんてと思ってるうちにツーストローク目に入っちゃって、そんないちいち考えてる暇なんか無いよね!

そこで有効なのが、このスカーリング。よく無限大のマークを描ようにと言われているけど。実はワンストロークの中に、この無限大を描くような動作(上手な人のひらひら動作)が余すところなく盛り込まれているんです。ということは、手のひら・手首・肘・肩の動きを連動させなければスムーズにいかないスカーリングをどんどん練習すれば、ワンストロークあたりの効率がよくなるってこと。

「しっかり掻こうと思ってもなんか空振りしてる!」

というような方は特に!手のひらで水を捉える感覚を養うこのスカーリングの練習がとっても大切になってきます。

ということで明日の担当はなんとアーティスティックスイミング(シンクロ)のコーチでもある北島コーチが担当。スカーリングのスペシャリストです。頭で理解しないと体が動かないアダルトな皆さんは、まずは頭でスカーリングを理解しに、ぜひ明日のレッツスイム町田に参加してみてください。

湘南OWS10kmでは「2020」という何とも縁起のいいゼッケンだった北島コーチが明日の担当です!

それでは明日もレッツスイム町田でお待ちしています!

注目のレッスン・イベント!
注目のレッスン・イベント!

スピードUP練習会『target』【12/15(日)】

年末泳ぎ納めプログラム!『Let‘s 50m×219本』②【12/30開催】