意識し続けるのは難しい…でも重要ですよね

今朝のレッツスイム新代田がスタートする前の、樹里コーチとの会話。

樹「今日は10月10日かぁ。そういえば10月10日って何の日でしたっけ?」
櫻「えっ。10月10日は、特に何の日でもないんじゃないかな」
樹「そうでしたっけ?」(なんか腑に落ちない様子)
櫻「ん?一昔前は、体育の日が10月10日だったけど、ひょっとしてそのことを言ってる?」
樹「あー!そうそう。体育の日でしたよね~」

こんにちは、さくです。

いつも、ちょいと天然がかったトークで、こちらのリアクションを戸惑わせてくれる樹里コーチですが、今日のこの会話はちょっと分かる気がします。

そう。もともと、体育の日は10月10日でしたよね。
それが、2000年からはハッピーマンデー制度により、10月の第2月曜日に変わりました。
もう変更されてから、18年も経つんですね。

ハッピーマンデーによって休日が変わった日はいろいろありますが、なぜか体育の日だけは10月10日のイメージが残ってるんですよね。
僕だけかな?

ちなみに体育の日は、2020年から「スポーツの日」と名称が変わるそうです。

今朝のレッツスイム新代田では、プルブイを頭に乗せて泳ぎました。頭の上のプルブイを、25m落とさないように泳ぐというもの。
これは、ヘッドアップの強化に加え、頭・上体をぶれないようにまっすぐに姿勢を保つ体幹トレーニング の目的で泳ぎました。

しかも今日は少しレベルを上げて、プルブイを乗せたままで片手のクロールも入れてみました。頭が上下や左右に揺れるとプルブイが頭から落ちてしまうので、姿勢をしっかりホールドして泳がなければいけません。
さらに、リカバリーをしてきた腕の入水が雑だと、飛び散った水が頭にかかり、プルブイが飛んでしまうため、丁寧に入水しなければなりません。

最初はみなさんプルブイを落としていましたが、だんだん慣れてきて、10本目にはだいぶスムーズに泳げるようになってました。
みなさんのように1時間でも2時間でも泳いでられるような人であれば、こういうトレーニングは数回繰り返すだけで、すぐにその場でできるようになります。(まったくの初心者となれば、話は別です)

ただ、すぐにできたとしても、それを維持していくのって、なかなか難しいんですよね。
「できないことを、できるようにする」というのも難しいのですが、「ゆっくりやればできる」ことを、ずっと意識し続けながら泳ぐというのも、同じくらい難しい。

特にレッツスイムでは、メインメニューなんかになると「ついて行くのに精一杯で、フォームや姿勢のことなんか考えてられないよ」ってことが多いと思います。
でもそういう場合は、余裕を持って泳げるコースに移動するなどして「最後までォームに集中して泳ぐぞ!」と決めて泳ぐのもいいと思います。

せっかく5段階に分かれてレベルが設定されているので、うまく有効活用してくださいね。

明日のレッツスイム新代田は、木曜日恒例の「ちょいユル練」です。
上記のように、フォームに集中したいという人にはちょうどいい練習になると思いますので、ぜひご参加ください。
明日は、本当にユル練ですよ(^_-) 笑

今日の新代田のtotal距離は
1コース:4650m
2コース:4300m
3コース:4050m
4コース:3850m
5コース:3200m
でした。

明日の朝活朝スイムは、レッツスイム新代田とレッツスイム町田で実施です。
担当は、1~4コースが櫻井で5コースは檀コーチ。そして、1コインで参加できる、平田先生担当のレッツランモーニングもあります。
レッツスイム町田は北島コーチが担当です。

さあ、明日も楽しく泳ぎましょう!

ほなまた。

注目のレッスン・イベント!
注目のレッスン・イベント!

スピード&スプリント練習会『target』【10/29(月)】

オーシャンナビ大忘年会 【12/2(日)開催】

『Let’s 100m×50本』@新代田