左右をくらべて弱点を発見!

こんにちは、さくです。

今日のレッツスイム新代田では、右腕と左腕の掻きの差に注目して泳ぎました。
クロールを泳ぐときに、右腕も左腕も同じように掻くことができて、1回のストロークでの進み具合が左右ともに同じという人は、ほとんどいないと思います。
やっぱりどうしても、得意なほうの腕と不得意なほうの腕って分かれますよね。
でもその左右の差に気付いていても、そのままにしているという人が多いのではないでしょうか。

今日は自分の右と左の差をしっかりと知ってもらい、苦手なほうの腕を、できるだけ得意なほうの腕の掻きに近づけていくことを意識してもらいました。
片手だけでスカーリングします。そのスカーリングする場所を、フロント・ミドル・フィニッシュなど、数ヶ所に分けて、右手と左手で交互に掻いてみる。
すると、進み具合に大きく左右差がある箇所が出てきます。
そうしたら「あぁ、自分は左手のキャッチの部分が弱いんだ」とか「右手のプッシュがしっかり押せていなんだな」といったことが分かってきます。

そして左右差を認識したあとに、プルのメニューで75mを「右手25m+左手25m+両手25m」と、片手プルを入れてみました。
キックを打てない上に片手だけのプルで、しかもパドルはなし。
サークルタイムは長めかと思いきや、そんなに長くはない…。笑
ごまかしが効かないので、強いほうの腕と弱いほうの腕の差が顕著に出てきます。

ここで、あらためて自分の泳ぎの左右差を実感した人も多かったのではないでしょうか?
ドリルでスローな泳ぎなら修正できる左右差も、スピードをキープしないといけないプルのメニューになると、苦手な側の腕は結構たいへんだったと思います。
でもこういう、負荷がかかってある程度スピードを出しているときこそ、実戦に近い形での修正ができて、より効果があるんですよ。

「右手の時は周りの人と同じくらいのスピードで泳げるんだけど、左手の時にはみるみる離されていった」とか「両手で泳いでいるときには気付かなかった、ストロークの弱点が出てきた」という気付きがあったら、しめたものですね。
今後はそこを修正して、またまたステップアップです(^_-)v

今日のレッツスイム新代田のtotal距離は
1コース:4950m
2コース:4400m
3コース:4100m
4コース:3650m
5コース:3500m
でした。

海練のお知らせを2件!
4月20日(土)に片瀬西浜海水浴場『江の島OWSトレーニング』をおこないますよ~。
ブイを使って、海の状況に応じて自然体で泳ぐテクニックを習得。そして、後半にはインターバルトレーニングなどもおこないます。
OWSレースやトライアスロンに出場するためのトレーニングクラスです。

また、ゴールデンウィーク最終日の5月6日には、鎌倉のOSJ湘南クラブハウスにて、櫻井担当のオーシャンスイムセミナー『プチロングスイム』があります。
材木座海岸~由比ヶ浜の往復約2.5kmを、みんなでスイムツーリングしますよ。
春真っ盛り!みんなで海で泳ぎましょう!

明日の朝活朝スイムは、レッツスイム新代田のみの開催です。
担当は1~4コース(上級)が東コーチ、5コース(中級)が櫻井です。

明日もみんなで楽しくトレーニングしましょう!

ほなまた。

注目のレッスン・イベント!
注目のレッスン・イベント!

スピードUP練習会『target』【12/15(日)】

年末泳ぎ納めプログラム!『Let‘s 50m×219本』②【12/30開催】