火曜日だけどちょいユル練

こんにちは、さくです。

今日のレッツスイム新代田は、火曜日にしては珍しく「ちょいユル練」でした。
ここのところ「週末と火曜日はキツい練習…」みたいな印象が定着しつつあるとのことなので、そのイメージを払拭しようと、ちょいユルメニューでおこないました。

が、しかし…、終わったあとに数名から「全然ユル練じゃなかった!」という声が😱
さらに「櫻井先生の考えるユル練って、どういう定義なんですか?」と言われてしまう始末… 😅

一応弁明しておくと、今日のは「ユル練」ではなくて「ちょいユル練」です。
「ちょい」が付くんです。笑
完全に緩めのメニューというわけではなくて「いつもの練習に比べて、ちょっとだけユルいですよ~。でも人によっては、いつもとそれほど変わらないかも~」といった具合の練習です。
えっ?分かりにくいですか!?

もう少し突っ込んで説明すると、メインメニューが楽だということではなく、それ以外のメニューを少しゆったりめに設定しています。
疲労を蓄積することなく、いつもよりも体が元気な状態でメインメニューに突入する。
そして、ここぞという所でいつもよりも力を発揮してもらおう!と考えています。

理解していただけたでしょうか?笑

そんなちょいユル練の今日は「ビート板タッチスイム」というドリルをおこないました。

両足にビート板を挟んでクロールで泳ぎます。
そしてその名のとおり、ストロークした手で足に挟んでいるビート板をタッチします。

これは、できるだけビート板を左右に揺らさずに泳ぐのが目標。
呼吸動作が大きかったり、入水ポイントが左右で違っていたりするとビート板が大きくれます。
そうすると、なかなかビート板に触れることができないですね。
ビート板を動かさないように意識すれば、骨盤を安定させようとするので、自然に下半身のブレが解消されていきます。

体の軸をまっすぐ保つ姿勢を、少しはつかめたでしょうか?
自分のビート板がどれだけ揺れているかは、なかなか分かりにくいと思うので、プールの上からみなさんの泳いでいる様子を動画で撮りました。

今日参加された方は、周りの人と比べたりしながら、ぜひ自分の泳ぎをチェックしてみてくださいね。

今日の新代田のtotal距離は、
1コース:4650m
2コース:4350m
3コース:4150m
4コース:3900m
でした。

明日は水曜日なので朝活朝スイムは、レッツスイム新代田のみでの実施です。
担当は、上級コースが守谷コーチで、フォーミングコースが佐野コーチです。
また体操場では、瀬端コーチの『陸上パーソナルトレーニング』があります。
明日はまだ空きがありますので、ぜひこの機会に、能力向上についての個別考察・調整指導を受けてみてください。

明日も楽しくトレーニングしましょう~!

ほなまた。

注目のレッスン・イベント!
注目のレッスン・イベント!

新プログラム!『ゴールセット(100m×4本×3set)』

『Let’s 100m×50本』@代々木