今日のレッツスイム新代田は『target』のメニューを取り入れてみました

今日は、二十四節気の「雨水(うすい)」。雪が雨に変わり、大地がしっとりと潤って、草木の芽が目覚めだす時節だそうです。
春が早くやってくるといいですね~。

こんにちは、さくです。

春一番が吹いた昨日はすっかり春の陽気でしたが、今日は10℃以上も気温が下がって、冬へ逆戻りですね。
そんな中、今日のレッツスイム新代田は、ウォーミングアップでしっかり体が温まるようにと、四泳法やキックで息が上がるようなメニューを用意しました。
あっという間に、ポカポカになったでしょ?

そしてプルでは、少し変わったルールを設定しました。
そのルールとは…、50mのインターバルなのですが、泳ぎ終わって壁にタッチしたあと、次にスタートするまで、プールの底に足をついてはいけないというもの。
どういう格好でもいいのですが、ずっと浮いてなければいけません。
海のレースで補給するときのなどに、「止まった状態で浮いている」ということを想定したトレーニングです。

また同時にこのトレーニングは、スカーリング技術&腕の強化も図っています。
プルブイを挟んでいるので浮力はあるのですが、巻き足が使えないので、腕に頼って浮くしかない。
腕が休む時間がないので、普段のプルのメニューより、腕がパンパンになったと思います。

じつはこれ、春・夏になるとOWSのレースを意識して、木曜夜の中級レベル練習会『target』でよくやるメニューなんです。
『target』の場合、使えるコースは1コースだけなので、サークルタイムの設定も1つのみ。参加者の泳力に差があっても、みんな同じサークルで泳ぐことになります。
そこで、「サークルが長いなぁ」と物足りなさを感じてしまう人にも、しっかりとした負荷をかけてもらおう、と編み出されたのがこのメニュー。
インターバルが長ければ長いほど、キツいんです。
そして先ほども言ったとおり、海での補給を想定した練習にもなり、一石二鳥ですね。

ちなみに『target』では、このメニューのときは、プルブイなどの浮力は使いません。
また、よりOWSに近い環境にするために、壁を蹴らずにスタートしたりもしています。
「辛そうだな~」と思うかもしれませんが、泳いだ距離以上に実力がついて、意外とハマりますよ。

今日のレッツスイム新代田のtotal距離は
1コース:4850m
2コース:4350m
3コース:4100m
4コース:3750m
5コース:3350m
でした。

今日は、夜にもレッツスイムがありますよ。20:00スタートの『レッツスイム大船
フォーム練習+しっかり泳げるメニューになってますので、ぜひご参加ください!担当は慶太先生です。

明日の朝活レッツスイムは3ヶ所で開催。新代田の担当は、今日と同じく丸山先生と櫻井。
品川は榊先生。そして三鷹は阿弥先生が担当です。

それでは明日も、みなさまのお越しをお待ちしてます!

ほなまた。

注目のレッスン・イベント!
注目のレッスン・イベント!

『湘南OWS10km 強化トレーニング合宿』in大磯 【6/3(土)〜4(日)】